借金へるかな日記
atoikura.exblog.jp
Top
参考にならない副業話1
2005年 10月 03日 |
会社員になって3年。
本業がアルバイトだった時代は思う存分ダブル(時にはトリプル)バイトをして自転車操業をしていましたが、会社員になるとそうはいかなくなりました。

私の会社、副業禁止です

会社員初期はお水のバイトをしていたので(のちほど書きます)会社にバレることはあまり気にしなかったのですが、去年、お水をやめてチェーンの飲食店で夜勤のバイトを始めたので

これは隠ぺい工作しないとまずいな・・・

と思ったのでありました。

定番2ちゃんねるの”会社員で副業”スレッドやwebなどで2ヶ月にわたって調べたのです。

その結果

確定申告をせよ

が導き出されたのです。


もちろん確定申告などやったことがなくて、
”あれって自営の人がお金戻すためにやるんでしょ?”
位の認識なので、まさか私がお金が戻ってくるような事をしているわけでもなく。


***
会社側が社員の副業を知る手段は住民税の金額なのです。

もし隠ぺい工作(確定申告)をしなかったら。

私がA社での会社員であるとします。
そのほかでBでアルバイトをしています。

AもBも税務署に”あといくらさんにこんだけ給料払いました”と通知します。

税務署はわたしの住んでいる自治体に”あといくらさんはこんだけ収入がありましたよ”と通知します。

自治体はA社に”あといくらさんの今年度の住民税はこんだけよー”と通知します

A社の経理の人はあといくらの住民税の金額を見て”あら?ほかの人より高いんじゃない?もしかして、副業しているんじゃないかしら、社長!ちょっと~!”

あといくら、呼び出し、クビ

****

になっちゃうんです!やばい、やばいっす。そしてめんどくさいっす。

で、去年1年間は常に確定申告のことを考えながらバイトをしていたのです。


2005年2月。
確定申告の季節がやってきました。

わたし、ただバイトをしただけなので、経費もありません、お金は絶対戻ってきません、むしろ払わなくてはいけないかもしれないのです。

税務署に行って、手続きをする際も係りの人に
”なんでわざわざ申告を?金はらわなきゃなんないよ?”と不思議そうに対応されました。

いいんです、お金払ってでも会社にばれちゃまずいんです。あといくら!

確定申告するだけじゃあ住民税はかわりません。
確定申告用紙の隅っこにある住民税の欄に

普通徴収(振込用紙が自宅に届く)
特別徴収(会社で天引き)

があって、どちらかに○をするのです
2ちゃんやwebの情報だと
普通徴収に○。

しかし

その住民税の選択欄にはこのような注意書きが


”給料所得以外の住民税の徴収方法”





んー




会社員の収入も給料


バイトも給料


だよ?
普通徴収に○をするとどっちの収入分も普通徴収になっちまう?

私は、税務署の記入コーナーで頭を抱えてしまったのです。


続く


ランキング参加中です。
■人気blogランキングへ
■借金ブログランキング
もしよろしければ投票おねがいします。


参考web
http://www.money-navi.net/dirly/2004-5-3.html
http://www.okane.jp/kakutei/sinkoku06.htm
http://www.rakucyaku.com/Meeting/1069220001/index_html
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/youshiki/pdf/01.pdf


※確定申告について-たとえ、お金をはらわなくてはならなくても副業が年間20万を超える所得は申告するのがキマリです。一応、注意書き。
[PR]
<< 参考にならない副業話2 ページトップ from便器のフタ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
A Happy New Year Skin by Sun&Moon