借金へるかな日記
atoikura.exblog.jp
Top
いざなぎ★いざなみ
2006年 10月 14日 |
e0050461_0214150.jpg

ご注意!!!
記事と関係ないトラックバックはクリックしないようにおねがいします!
いっぱいウインドウがたちあがったりします。F★CK!!!!ムカツク。

さて・・・


経済総合ニュース - 10月13日(金)8時1分

平成景気、戦後最長へ 57カ月連続回復、「いざなぎ」に並ぶ

 現在の景気が、戦後最長の「いざなぎ景気」(40年11月−45年7月)と回復期間で並び、
来月には戦後最長の更新がほぼ確実となった。大田弘子経済財政担当相は12日、10月
の月例経済報告を関係閣僚会議に提出し、基調判断を「景気は回復している」に据え
置いた。平成14年2月から始まった今回の回復局面は57カ月連続だが、過去の大型景気
と比べて実感に乏しいのが特徴だ。

 景気の先行きについて大田担当相は、「原油価格動向が内外経済に与える影響など
に留意する必要がある」と述べ、原油価格高騰の再燃に懸念を示した。ただ、全体的
には「国内民間需要に支えられた景気回復が続くと見込まれる」とし、いざなぎ超え
を示唆した。

 今回の景気回復局面の実質成長率は、年平均2・4%と力強さに欠け、いざなぎの同平
均(11・5%)の約5分の1でしかない。戦後2番目の「バブル景気」(昭和61年12月−平成3
年2月)の同平均(5・4%)と比べても半分以下だ。

 期間は長いが成長率は低い理由は、経済成長が足踏みする踊り場を2度も経験したた
めとされる。景気回復は世界的に長期化の傾向にあり、大田担当相は同日、「経済成
長を高める余地はあり、持続的な回復を目指したい」と述べた。

 10月の月例経済報告では、8カ月連続で基調判断を「景気は回復」とし、企業収益、
雇用情勢、個人消費、輸出といった各項目でも判断を変えなかった。ただ、個人消費
では、「企業から家計への所得移転が弱まっている」(内閣府幹部)ことを踏まえ、
「今後の所得の動向には留意が必要」と指摘している。
(産経新聞) - 10月13日8時1分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061013-00000001-san-bus_all


あの・・・景気いいんですか?
私が借金している事を除いてもけっこうしんどいっすよ・・・

なんか3人分働いて(るつもり)も
休みとんなくっても
ノルマがどんどん上がって全然給料あがんないんですけど・・・

そろそろ転職考えようかな・・・HD容量も少なくなったし・・・



e0050461_0284899.jpg



みなさんの景気のいい話聞かせてください。
我に希望を〜〜〜〜〜
[PR]
by atoikura | 2006-10-14 00:29 | 日記 |
<< 70%OFF ページトップ 先にするか後にするか >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
A Happy New Year Skin by Sun&Moon