借金へるかな日記
atoikura.exblog.jp
Top
私は私の人生を生きる
2007年 03月 23日 |
を唱えながら日々過ごす時期がありました。

えー、今週仕事で親が来ておりまして  (忙しいのに・・・ブツブツ)
何日かは夜しこたま飲んでいた訳です。ウエップ。

親は会社を経営していて、
だれか一人跡を継いで欲しかったようですが
兄弟みんな家を出ておりまして、別の仕事をしており、継ぐつもりはまったくないようです。

その他にも親の理想みたいのがいろいろアルみたいで、

それはそれはもう、介入されて、ものすごい厳しくて、そのときは自分のやりたい事よりも親の希望に添った進路を選択することで、うまくやってきたつもりでいました。

そのせいなのか?私の人間関係において支配するかされるかの関係しかできなくて結果として破綻したり、白黒しかつけられない性格になってるのかなあーとも思ったりして

結果として親を憎んだり、後悔する事もあったなあと思ったんですな

やっとこの年になって親の意見に振り回されないようになったし、親は親で幸せに生きて欲しいと願えるようになったんです。

目下親の希望は結婚して・・・孫を・・・だったりするのですが、
結婚式はハワイ で  とか、家を買ってやるとか、勝手に妄想をふくらませているようですが
結婚も孫もいまんところ予定はないし、金も貰うつもりもないし、そのお金は自分たちの為に使ってくれとは言ってあります。


e0050461_625258.jpg



まあ、何が言いたいかっつうと
親の絶対的な支配下の中で育ってしまうと、なんつうか、自分の価値観とか揺らいだりしちゃうわけですよ、それが後々しわ寄せがくる。
後悔したり、人を憎んだりしないためにも自分の為に、自分の人生を自分で選択して生きてゆくのが一番良い方法じゃないかと思っていて、気が楽になっているんです。

未だにうまい付き合い方はできないけれど、離れている事で適度に接していけるよう心がけています。まあ、親はそんなこと気づいてないだろうけど。



親の希望通りの仕事じゃないし、生き方じゃないけれど、私は本当に良かったと思っています。

うーん借金とは微妙に関係ないかな。

コメントレスは後ほど〜
[PR]
<< ぶつけるもの ページトップ 遅れました >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
A Happy New Year Skin by Sun&Moon