借金へるかな日記
atoikura.exblog.jp
Top
任意整理の道3
2005年 08月 24日 |
任意整理の道2のつづき

■脱力は続く

バイトが休みのある平日、弁護士事務所へ行く。
結局ほとんど準備らしい準備ができず、家にあったありったけ(と言っても今月分くらいしかない)の明細とカードを持って向かった。
なんかもう不安というか、どうにでもなれというか、感覚がなかった。

弁護士事務所はやっぱりこじんまりとしてて、なんだかホッとする。まぁ大きさは関係ないんだろうけど。

アシスタントの人が来てじゃあ書類に債務の詳細書いて下さいって…

やっぱり今日手続きしちゃいますか…

先日書いたノート片手にいつ、どこから、いくら、を覚えている分だけ書き込む。あの日あの時あの場所でカード作ったよな…なんて回想してみたり。小田和正的回想。

大方書いた所で弁護士先生登場〜!頭良さそう!

弁:この額なら自己破産か個人再生がいいんだけど、任意整理でいいの?
私:はい、バイト先には絶対バレたくないので…
弁:毎月の返済は大変だと思うけど大丈夫?

私:はい、バイト掛け持ちしてるんでなんとかがんばります

弁:わかりました


…なんだかアッサリ。根掘り葉掘り聞かれて、叱咤激励…なーんて事はないんですね、さすがクールガイ(推定)

またさっきのアシスタントが来て今度は契約書を書く。毎月いくら払います…な感じの簡単なものでした。

アシ:じゃあ早速債権者にFAXしますので、今後一切支払わないで下さい。督促が来てもこちらの弁護士に整理をお願いしている旨を伝えてくださいね。

…あら、もう始めるんですね

なんだかアッサリ手続きが終わってしまった。お金もいらなかった…いいの?手付け金とか?
ある程度前もって勉強しとかんとこのアッサリ感にはついていけないかもなー。

(現在の補足:任意整理に着手しても、全社との和解までは少し時間がかかります。それまでに決められた額を弁護士さんに毎月振り込み、その中から弁護費用、先に和解した債権者への振込をしてもらうのです。全社和解が成立してからそれまで振り込んでいたお金から諸費用を引いたものと和解書を返却してもらい、自分でーもしくは手数料をお支払いして弁護士事務所から振込をしてもらいます。これで弁護士さんとは終わりではありません。私が最後まで返済が終わった時点で終わりです。それまでは私の代わりに弁護士さんが交渉?先になっているので、私が振込しなかったりすると弁護士さんに連絡がいきますのでご注意を。お金の支払い方法は各弁護士事務所によって変わります。納得いくまで自分に合った所を選んで下さいね!私はこの弁護士事務所にして良かったと思っています。)

事務所を出たら喉カラッカラ。緊張してたんだろうな、アチキ。

ここまで出来た…ホッとする。

つづく
[PR]
<< 2重苦・・・ ページトップ +の誘い >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
A Happy New Year Skin by Sun&Moon