借金へるかな日記
atoikura.exblog.jp
Top
カテゴリ:身内の借金( 11 )
|
|
2006年 02月 24日 |
e0050461_21422595.gif



こんばんわ!今日は寒さがぶり返しましたね(><;)

あといくらは帰宅時、だいたい1駅前で降りて歩いて帰ります。
ダイエット?

それもあるけどw

1駅前は、ちょっと繁華街。




パチンコ屋が何件かあるので、ついその前を通ってしまいます。




あの人がいないか・・・


↓参加中です^^続きを読む前に・・・愛の一票を!!↓

■人気blogランキング
■借金ブログランキング


★続きはこちら★
[PR]
2005年 11月 01日 |
昨日の記事の続き

大学生と偽って新聞配達店に入店したあといくらの妹(25)。
政治家ならともかく謎です。
自分を高く見せたかったのか、肩書きが欲しかったのか。
相変わらずで、逆に安心したわ。元気なんだね。

ごあいさつに行きますと言ってしまった手前、いかなくちゃなあ・・・。

親からも「行け行け、頼れるのはお前しかいない」(←やっぱり過干渉気味)
と言われたもんだから、やっぱり行くわ。

お世話になるからには、

やっぱり手みやげ!?

すんんんんごい金が無かったのだが、何とか工面してコンビニで一番安いおせんべいの詰め合わせを買う。妹には会えないかもしれないからちょっとした手紙を書いておく。

外は雨。

最初に電話をもらってから電話はつながらない。携帯のSMS(ショートメール)で
”これからお店にいくからねー”と送信しておく。

自宅から2駅なので、歩いて40分くらい。
あといくらも新聞奨学生をしていたので
”こんな日(雨)は大変だよなあ、新聞濡れるし、足の指はふやけるし”
と思いながら新聞販売店を目指した。

着いた時間は夕刊配達が終わった位。もしかしたら妹に会えるかもしれないと思ったがいなかったようだ。

「こんばんわー」

中から所長さんの息子さん(勝手に推測)らしき方が出て来た。

「あの、私の妹がここでお世話になっていると聞いたので挨拶に・・・」

「ええ、今日から道順を覚えてもらってますよ、もうアパートに帰りましたよ。」

と、そこでおせんべいを渡す。よろしくおねがいします、と


「あの・・・」

私はここまで言って、何ていいかわからなくなった。

2秒位考えて(HD考え中・・・)

「あの・・・もう、どうしようもないヤツですが、よろしくおねがいします!」

長くなるのでつづきはココをクリックしてね。
[PR]
2005年 10月 31日 |
10/6の妹が見つかりました。の記事から、1ヶ月近くたちました。その続きから現在です。

※あといくらの妹・・・簡単に言うと
大学入学→パチスロ→留年→借金→家出→退学→パチスロ→借金→家出→帰省→家出の者です。
詳しくは右カテゴリー身内の借金でドゾ


妹は私の住んでいる駅から2駅はなれた所で新聞配達員として働くことになりました。
住所を教えてもらったので、とりあえずその新聞配達所に電話をかけてみました。
嘘だったら嫌なので・・・(あといくらの妹は大嘘つきです。)

電話をかけると、所長らしき人が出ました。
私が姉である事を伝えて、妹が働いているかどうか聞いてみました。

たしかに翌日から働くという約束をしているそうです。

「あーホントだった」 ホッと胸をなで下ろす。

妹の所持品が何もないようだったので、アパートと生活用品など用意してくれたそうです。

あやしいと思うよねえ、所長さん、この時点で。

しかし私が、妹のこれまでの経緯を話すのも、これからの妹の生活に差し障ってしまうかと思い、
「すみません、いろいろあったんです、宜しくお願いします」

と言ったら・・・

「あー、ウチでも学生さんはいっぱい働いているからねー、先生になって北海道行った人もいるし、ここでがんばればいいってよって言ってやったよ。いやー、学生さん助かるよー!」


え・・・・?



学生・・・・・さん?




あの、所長さん、ウチの妹は元大学生ですが、今は学生ジャナイヨ?


「え?!C大学の学生さんで、先生目指してたけど両親に反対されて、泣く泣く家を出たって・・・」


いや・・・C大学って何よ。自分の行ってた大学よりランク高いとこにしてる(笑)


いや、そんな事じゃなくって、




経 歴 詐 称 ジ ャ ン !



「近いうちに挨拶に伺います・・・」
ととりあえず電話を切った。

つづく。


↓参加中です。↓
思い出すだけで切ないです。嘘つきはドロボーの始まりです。しかしナンデそんな嘘を!?
■人気blogランキング
■借金ブログランキング

[PR]
2005年 10月 06日 |
こんばんわ、今入った速報です。
妹から連絡がありました。
新聞配達店で今働いているそうです。
しかも私の自宅の近所・・・

本当に、よかった

犯罪に巻き込まれてなくてよかった

犯罪を犯してなくてよかった

まじめに働いているみたいでよかった

これから、妹に何をしてあげればいいか、なんて声をかけていいか、2度と繰り返さないためにどうしていこうか、すごい混乱しています

とりあえず、明日新聞配達店に、挨拶の電話したほうがいいかな?

わーーーーーよかったーーーーーー!!!!!!!



参加中
■人気blogランキングへ
■借金ブログランキング
もしよろしければ投票おねがいします。

[PR]
2005年 09月 24日 |
妹は今年の始めにいなくなりました(詳しくは右側カテゴリーの"身内の借金"へドゾ)

親のクレカを持って出たと書きましたが、クレカがなくなっていたとわかったのは妹がいなくなって大分たってからでした。


それは一本の電話から。


クレジットカード会社から実家に連絡があって、

「貴方(親)名義のカードを使って買い物をしようとした人がいて、本人確認をしようとしたら逃げたのでご連絡いたしました…他でも何件かお買い物しているようですが、心当たりありますか?」

親、びっくりですよ。

慌ててカードを探すとない…



とっさに「うちの娘だ」って言っちゃったのよね、うちの親…バカ正直というか。



で、どこで買い物しているかというと、

★JRにて回数券(多分転売)
★電気店にてゲーム機?(多分転売)

そして味をしめて某大手旅行代理店にてチケットを購入しようとした所、怪しいと思われてカードを没収されたようです。


ともかく、身内だと言ってしまった手前、決済分は払う事になり、またしても一杯くわされました。


警察に捜索願を出したものの、当然成人した妹を探してくれるはずはありません。たとえ泥棒や詐欺の犯罪をする恐れがあっても、罪を犯すまでは警察は動いてくれません…



いないものはしょうがない、でもまた帰ってくるかもしれないから、その時は同じ事にならないようにしたいと考えた私は、まず家族に色々知ってもらおうと、ギャンブル依存に関するサイトを母に見てもらいました…。


母は、ショックを受けていました…

でも本当に見て欲しいのは父、アナタです…


でも無理だなぁ。


年末、実家に帰った時にギャンブル依存の本をこっそり置いてこようと思います。


妹の事を知ろうとする努力が今の私達に必要だと思います…。

ギャンブル依存に関する情報がありましたら教えて下さい。

そしてショートメールは繋がる妹に何てメールをしてあげたらいいか…

日によって怒ったり、懇願したりのメールです。

何か自分の事よりずっとずっと辛いワ…

blogランキング参加中←もしよければ、クリックお願いします。今後の励みになります!
[PR]
2005年 09月 16日 |
ギャンブル狂の詩5の続き。
長々と続いてしまいました、自分の借金の件はちょっと棚に上げて、ギャンブルによる借金、現在も失踪中の妹について書いています。



■ガミガミ父さんのんびり母さん

妹が屋根伝いで逃げた…
次の日、実家からの電話で知った。


屋根?忍者かよ!?


ご近所さんすみませんねぇ、うちは忍者がいるんで、屋根伝いに移動しますけど、気にしないでくださいね。

妹は屋根伝いに逃げる程父に会いたくなかったのだろうか?


うちはモーレツオヤジ(ジャスト団塊)と底抜けに明るくてドライな母ちゃんと私と妹の4人家族。

父は…

地震雷火事親父ならぬ

親父親父親父親父

くらい、震災以上の猛威をふるうそれはそれは怖い父さんでした。

もしかして雷親父とあんまり上手くいってなかったのかもしれません。

父さんに、「妹に厳しく、うるさく言ったんじゃないの?」と言ったら

何イッテルンダー!俺のどこが間違ってルンダー♭☆○】△□◆◆★◎◎〜!

と怒鳴られてしまいました…トホホ。

私も雷オヤジにはソートー絞られてきましたが、妹のほうが甘かったゾ。妹、よええぞ!


で、伊賀流ばりの雲隠れをした妹は、屋根伝いに逃げたのち


ヒッチハイク

をして東京まで来ていたそうです…
e0050461_194002.jpg








た、旅の達人…。


たまたま東京に出張で行っていた親戚に妹を説得してもらい、一緒に帰ってきていただきました。


…この度はご迷惑おかけしました



おい、妹よ


私が捻り出した飛行機のチケット代は全部無駄になったじゃないか。

返せ…


帰ったのち、地元の弁護士さんに債務整理(多分任意整理だと思います)を依頼したそうですが、貸すという名目で親が立て替えて返したみたいです


だから甘いっての…



***
ここまで、たった4か月位の出来事でした。

妹は大学を辞め、実家に戻りました。
何かやりたい事があるのかい?
と聞いても特になく、
親は じゃあ、無いのならやっぱり大学位は出ておきなさい、と
通信制の大学に転学しました。

本当に妹は大学に行きたかったのでしょうか?

私は親に
「大学なんて出ていい無くても全然大丈夫だし、通信制なんて、普通の大学なんかよりずっと大変なんだよ。やりたくないならやめさせればいいし、本人の意思でこれからやっていかなきゃだめなんじゃない?」
と言っても、なかなかわかってくれないようでした。
一方的に妹の再生案を進めていった感じもあります。


妹に聞いてもこの場をやり過ごそうというような、心ここにあらずな態度です。
ちょっと鬱気味だったのかもしれません。

ここでも、家族でもっとしっかり話し合いをしたら良かったかもしれません。(話合いっつうより妹の話聞いてあげれば良かった)

親からしてみれば、子供はかわいいし、大学だって出てほしいし、借金で苦しんでいたら払ってあげたいし、何より自分達のメンツ(?)もあるかもしれません。

本当にこの時がチャンスだった...後悔。


妹は実家に戻ってからはチョクチョク東京に来て、私と一緒にヤミだのあやしいサラ金にお金を返しにいきました。
ヤミ金のお兄さん(ヤ印)からは、

自分のケツも拭けずに親を出すのはサイテーな人間だな。

と言われていました。さすが、任侠。

なぜヤミ金にお金を返しにいったかというと、弁護士さんの助言があったからでした。家族の住所や勤務先が全部知れてしまって、勤務先に迷惑がかかるので、ヤミ屋と話をして元金全額返済で手打ちにしたそうです。 交渉は雷オヤジ。すごい。さすが。
*ちなみに警察にもヤミ金の相談をしましたが、何もしてくれませんでした。なんもしませんよ。あのひとたち。


返済など、ひと段落つき、妹は地元でアルバイトをはじめました。
アルバイトと勉強。まじめにやっている様に見えました。
たまに私が実家に帰るといつも家にいて調子のいいことを言っていました。
本当に、まっとうになったのかな。
さり気なく聞いても、ちゃんとやっている、と言うので。信じました。

だって大人だし。
だってさんざん痛い目あったし。












妹が実家に帰って3年くらいたって、

今年1月



またいなくなりました。



借金はしていないようですが、親のクレジットカードが無くなっていました・・・

アー!

雷オヤジ曰く

「オレはもう、うるさくいってなかったぞー!なんでだー!」

原因は、不明です。



***
ここまでが妹の借金の歴史です。
文章わかりづらくて本当にすみません。書けない部分もいろいろあるし、主観的で読みにくい文章になっているかと思います。長々と読んでくれた方、ありがとうございました。

後半ずいぶん細かい描写になってしまいました。
なにか、感じたことございますか?何か原因ありそうですか?

次回からは現在やっている事、などを書こうと思います。

自分の借金について考えながら身内のことも・・・でも借金の経験があるから、してやれる事もあるかもしれません。


★もしよければ人気blogランキングへのクリックをお願い致しますm(__)m。
[PR]
2005年 09月 14日 |
ギャンブル狂の詩4の続き

長々と続いてしまいました、自分の借金の件はちょっと棚に上げて、ギャンブルによる借金、現在も失踪中の妹について書いています。
カテゴリーも追加しました。


■2度ある事は3度ある

警察から電話があったのは夜10時頃。
保護されている警察署は妹の大学のそばだった。両親は距離的に行けないので私が迎えに行く事に。

短い期間とはいえ、相当な覚悟で家出をしたんだろうと思う。正直会うのが怖い。

警察署に行くと、刑事課みたいな所に妹はいた。家を出た時と同じ格好だった(と思う)。

妹はうなだれたままソファーに座っていて、刑事さんらしき方が

「進路や就職についていろいろ悩んでいるみたいですよ、ご家族と良く話しあってみてください」



よくぞそんな嘘をっ

大学なんて全然単位とれてないし、そもそも行ってなくてさらにギャンブルで借金かかえて、人のお金に手を出してトンズラしちゃったんです!あんた、嘘ついてるんじゃないよ!



バシッ(ト、妹の頭をはたく)






…って言いたかったのをぐっとこらえて

「色々お手数お掛けしました、ありがとうございました。」と、警察署を後にした。

警察署の前で2人ともしばらく黙って…

「とりあえず家に行こう」

私が引っ越したアパートに向かった。
場所がバレてヤミ金来たらやだな…

姉(私)、家族が見つかったのに鬼畜な事考えてました。
そんな事考えちゃうくらい、妹は家族の住所や勤務先、電話番号を教えてお金を借りていたのです。

さて、アパートに着いたのが午前1時頃。
明日の朝一番の飛行機で実家に連れて帰ろうと、二人分のチケットを予約しました。(もちろんカードで。定価ですよー、もうヤケです)

一人だとまたトンズラしちゃうかもしれないので。

電車の始発までの間、アパートではたいした話はしませんでした。

怒った訳でもなく
諭した訳でもなく

うなだれた姿を見て、物凄く反省しているように見えたし…

そしてなんか怖いのです。
妹の人生背負っちゃうには余裕が無さ過ぎたのかもしれません。
ここまで妹を追い込めたものってなんだろう、ともっと真剣に考えたら良かったかな…と後悔しきりです。
この時、「実はお姉ちゃんも借金ある、あんたよりあるんだよ!しっかりしてるって言われてるけど全然ダメ人間なんだ、一緒にがんばろう」って言ったら少しは変わったかな?

とにかく妹の前ではエラぶってたかもしれない

横になってウツラウツラしていましたが、まもなく朝が来て始発電車に乗り、実家へ向かいました...。妹は終止おとなしく、だまってついて来ました。
とっても反省しているようにみえました。


ゴー(飛行機の音)以下略。


実家に戻ると母親が待っていました。母は妹を見ると、「どうしちゃったのー!?」とちょっと呆れた感じで迎え入れました。一番心を痛めていたただろうに、さすが母、海の様です。

ちょっと話をして、私はまた飛行機に乗って帰りました。バイトがあるんです。 役目は終わった...後は、親、よろしく!多重債務者はまた明日から働かねば!!


な気持ちだったのですが、

私が実家を出た1時間後、また事件が






父親が帰って来た車の音が聞こえるやいなや屋根伝いに逃げてしまったのです!!!!!







バカアアアアアアア!



これで、なんか 一つ 原因が わかったような?

つづく

かなりギリギリの線で書いています。でも、もしよければblogランキングへのクリックをお願いいたします。
[PR]
2005年 09月 12日 |
ギャンブル狂の詩3の続き

自分の事はとりあえず棚に上げてギャンブルによる借金そして現在も失踪中の妹の事を書いています。その時の事や思った事を書くと、家族として何ができるのか、いまさらながら発見や後悔が浮き上がってきます。
少しでも、妹の気持ちを理解したい、そんな思いです。
自分の歴史より長く、詳しくなるのは私にとって事件だったからです。自分の事って、ゆるやかに、少しずつ悪い方に進んでゆくので事件って感覚ではないんです…

妹が見つかったら妹自身の記録も書いてもらいたいです。


■残された家族がしたこと、見つかるまで

妹の携帯電話もつながらないまま。
毎日のようにヤミ金(妹が借りた)からの督促電話。
実家の親もノイローゼ気味。

年の暮れだというのにいらんことで忙しかった。

まず、警察に捜索願いを出した。当時の服装や特徴、かかりつけの歯医者を聞かれる。
そうか、死んだら歯形で調べるんだ。

死を身近に感じる。

はっきり言って妹はみんなに迷惑かけてるし、恥ずかしいからいっそのこといなくなればいいのに、と思っていた。でも死んじゃったらいやだなぁ…親が悲しむなぁ

次に引っ越し。二人で住んでいたマンションは2K。とてもひとりで払える金額じゃないし、親も前回の借金の尻拭いでとてもお金が無いようだった。

私は持っているカードでありったけの現金を借りて引っ越しに臨んだ。
(今書いてて気づいたがこの天井キャッシングが自分の任意整理のきっかけになったんだろう…)
敷金礼金は親が出してくれた(スマン)。問題は妹の荷物と二人で住んでいたための生活用品です。妹の遺品?みたいなのはちょっとよけて(結局間違えて捨ててしまった)
2週間かけて少しずつゴミに出して、それでも間に合わなくて
ゴミ処分業者に騙されたり
しながら3㌧トラック分位のゴミを処分しました。処分だけで10万円(うち悪徳リサイクル業者に6万円)
その間にもバイトのペースは減らさなかったので、本当に荒んだ。(このころ遠距離恋愛中。連絡もあまりできなかった・・・。)

そして引っ越しを友達に手伝ってもらいつつ、なんとか自分の居場所は確保。
妹が自宅に帰ったらいなくなってるとびっくりするだろうなー、とちょっと思った。

その頃、実家と親が働いている会社にはヤミ金からの電話の他に、妹が差し向けたであろう詐欺まがいの電話、手紙。

"妹さんにお金を貸したんだけど、返してもらっていない、至急振り込んで下さい。"

こんな時期にそんな連絡が来ると本気にしてしまいそうだが、こちらから連絡先を聞くとだんまり。
さすがに2度目なので確実な証拠、身元が明らかにならないと取り合わないことにしたそうだ。

父親は電話で怒鳴りすぎて声帯を痛める(ちょっとウケた)
母親は家計を助けるためにパートを始めた。(ぐっと老けた)

姉の私よりも、親の方が心を痛めているだろう。

実家に届いた謎の手紙の住所は妹の友達の所な気がして、手紙を頼りにそこまで行ってみた事もあった。10件近くあるパチンコ屋もすべてのぞいたりして、もしかしたらいるかもしれない・・・でも結局見つけることはできなかった。徒労ー。
他にもパチンコ屋は100件くらい廻ったかな、無駄だったけど。しないよりマシ。

そしてとうとう、3ヶ月ほど経ったある日曜日、バイト帰りの途中に1本の電話が。
”妹さんを保護しております”警察からの電話だった。

つづく

もしよければ、blogランキングへのクリックをお願いします。
[PR]
2005年 09月 11日 |
ギャンブル狂の詩2の続き
■借金姉妹ー妹編
※ここでは自分の事をちょっと棚に上げまして、身内の検証をしています。
ここで妹の借金の歴史を、姉からみた感じを反省をこめて書いてみます。

99年(19歳)大学入学、姉と同居を始める。
  
親からの仕送りすこし(いいなー。私なかったのに)あと奨学金(私大のため結構もらっていた)

春頃、早速、書店などにいる英語教材のキャッチにひっかかる
ローンの保証人になってほしいと姉(私)にたのんできたが、断固としてつっぱねる、親も同様。すっかり英語教材会社の洗脳作戦にひっかかり、後に引かない。「高校か大学の信頼できる英語の先生に、この教材は本当に価値があるものか相談してみたら?」と提案し、相談する。先生のコメントは『確かにいいものかもしれないが、もっと安く英語を勉強する方法があるから、家族に反対されているなら止めたほうがいい』とおっしゃてくれたが結局保証人なしでローンを組む
未成年なのに保証人なしで何故ローンを組めたか?
それは
英語教材会社が妹の年齢を20歳ということにして勝手にローンを組んだのだ。
リン●フォン、サイテーの会社です。
親元を離れた開放感からか、競馬やパチンコに興味を持ち始める。が興味本位だろうと思い姉(私)は放っておく。


2000年(20歳)
英語教材のローンは散々会社に文句を言って、本人に解約させる。
あれほど鼻息荒く大学に入学したのに、他の学生たちの授業態度が気にくわないらしい。本人もやる気を無くしたようだった。大学に行っているというが、たいてい部屋にいてゲームをしたりテレビをみたりしている。たまに友達が遊びに来てどっかに行く程度。
アルバイトを始める。ちょくちょく姉から小銭を借りる。部屋が汚くなる。


2001年(21歳)
2年の成績は最悪だったようだ。私の時も良くなかったので親もあまり気にしていないが、ちょっと心配らしく私に聞いてきた。大学生なんだからあまり干渉するのは良くないと諭す。干渉されるが嫌いだから妹にも干渉しなかった。それがいけなかったかも、と今思う。
500円貯金がごっそり無くなる、給料袋が無くなる という怪奇現象がおこる。なんてことない、ただ妹が盗んだだけだけど。

そんな夏休み、帰省した実家で失踪する。(3日ほどで帰るチキン。自殺しようと思ったが怖くなって友達に電話した。)
実家にサラ金からの督促が来た様だった。
借金総額200万ほど。理由はほとんどがスロットだった。
親が一生懸命働いたお金で返す。
2度としない、という事と、大学をちゃんと出る(両親が切望している)という約束をして帰ってくる。

うわーこんな奴と一緒に住めねー、と思いながらすでにものすごい借金を抱えて自転車操業をしている姉は何も言えない立場だった。ただ、姉らしく厳しく接した。

夏休みを終えて、心を入れ替えて大学に行っていると思ったが、以前にましてスロット通いが増していたようだった。部屋でスロットのメモ?(私はよく解らないがいっぱい数字を書いている)を見つけ激しくなじる。聞き流される。

親に言うべきか、親と離れている以上、私が親代わりみたいなもの。でも、どうしていいかわからない。自分の借金の返済で精一杯なのに、じっくり妹の話を聞く時間を持てない。でも自分を優先してしまう。今は後悔している。

秋、私のスナックのアルバイトが妹にバレる。ちょっとショックだったようだ。ゴメン。

後から知るが、この頃はスロットに毎日通い、サラ金からまたお金を借りる。PS2をカードで買って売る、●いのカードでブランド品を買って質屋に流す、サークルの金を横領する、という事をしている。
そしてたった半年で瞬く間に借金100万円近くをこさえる。

そして ヤミ金 へ

11月頃、そういえば妹いないなー。遊びに行っているのかな?自分も3つのバイトを掛け持ちしているので自宅にいる時間が少ないのであまり気にはしていなかったが、

まもなく年末という時

親の会社に、実家に、私に、ヘンな所からジャンジャン電話がかかってくる

大学から”卒業”できませんよと電話が来る


どーなってるんだー!というとき、妹を最近見ていない事に気付く・・・

ま た い な く な っ た!

携帯もつながらない。



...軽く書くつもりが長くなってしまいました。次回に続きます。

blogランキングへのクリックが励みになります。よろしくです。
[PR]
2005年 09月 10日 |
ギャンブル狂の詩1のつづき

■射幸心?わかんね

借金姉妹 ギャンブル依存の妹編。

パチンコ・・・私もやったことないわけではなく、かつては月1回くらい行っていました。時間潰し等で。

なぜか、幸い、ビギナーズラックというものに一度も遭わないままビギナーではなくなりました。


1度も射幸心とやらをくすぐられないまま・・・。

パチンコ屋って空気悪いし、音楽がもーう耐えられない!!(まけおしみ)


e0050461_1015833.jpg






公衆便所と某作家さんは例えてました。言い得て妙。



さて、妹はまだ失踪したまま。
両親も頭を抱えたままです。

このままだと警察に捕まってしまう

妹がお縄になっちゃったらこのblogも閉じなきゃなんないのかな・・・。

警察につかまるかも、な訳 と残された家族のてんわやんわは次回...。

★借金姉妹の行く末を見届けていただける方...人気blogランキング(借金編)へへのクリックをおねがいします!
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
A Happy New Year Skin by Sun&Moon